メニュー

各種検査について

取り扱っている検査

  • X線写真(デジタル×線画像判断システム)
  • 各種血液検査、尿検査
  • 閉塞性動脈硬化
  • フォルムABI(動脈硬化測定検査)
  • 骨塩量測定検査(DXA BONE DENSITOMETER)
  • 骨密度測定検査(DEXA)
  • 心電図
    その他

動脈硬化(ABI)検査

腕(上腕)と足(足関節)の血圧を測定し、その差から抹消動脈疾患の危険性(動脈硬化症等)を検査することができます。
血圧測定だけですので、簡単に検査することができます。344733

以下に該当する方は、ABI検査をお勧めします。

  • 65才以上の方
  • 糖尿病の方
  • 高血圧の方
  • 肥満ぎみの方
  • 高コレステロールの方
  • 心臓病または脳溢血などの家族病歴をお持ちの方

約5分程度の簡単な検査ですので、ご関心をお持ちの方はお問い合わせください。

骨密度検査

骨密度とは、骨に含まれるカルシウムやマグネシウムの量の割合です。
骨密度が低くなってくると、骨がもろくなり骨折しやすくなります。
骨密度を測定することにより、特に中高年以上の女性がなりやすい「骨粗鬆症」の早期発見、治療効果の判定に役立ちます。

374423

以下の症状があれば、骨粗鬆症かもしれません。

  • 背がちぢんだ
  • 背中や腰が曲がったような気がする
  • 背中や腰の痛みで動きにくい
  • などの症状です

骨粗鬆症患者の約8割が女性であり、以下がその主な原因と言われています。

  • もともと骨量が少ない
  • 運動量が少ない
  • カルシウム摂取量が少ない
  • 閉経後に女性ホルモンの分泌が減少する

最近では若い女性であっても、ダイエットなどによるカルシウム不足や不規則な生活、運動不足などにより骨量が減少しているケースがあります。

骨粗鬆症は、進行すると「寝たきり」になってしまうかもしれません。
早期発見、適切な治療のためにも、定期的な骨密度の測定をお勧めします。

 

各種検査をご希望の方は、仁科整形外科までお問い合わせください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME